iPhoneを中古で買う注意点

###Site Name###

TOP > iPhoneを中古で買う注意点

iPhoneはオークションなどで中古で買えば、費用を安くすることができます。

しかし絶対に赤ロムは買ってはいけません。
赤ロムとは割賦で購入したiPhoneの残りの支払いが残っている状態で、これを購入すると元の所有者が支払わなくなった時点で通話やインターネットなど主要な機能を利用できなくなります。


オークションでは出品者がお金に困って、返済が終わっていないiPhoneを売ることがあります。

赤ロムはどうかはIMEI番号を確認すれば分かります。

ソフトバンク情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

IMEIは端末ごとに異なる番号が割り振られているので、キャリアのホームページでネットワーク利用制限を調べて丸が出れば安心です。



IMEIを載せていない出品者に対しては質問したり購入を避けたりします。またアクティベーションにロックが掛かっていないiPhoneを選びます。ロックが掛かっていると初期化をしても、AppleIDやパスワードを入力しなければなりません。出品者の中には初期化するとIDやパスワードは不要と勘違いしていることがあります。


元所有者しか知らない情報なので、アクティベーションにロックが掛かっていないことを確認します。


新品未開封ならばロックは心配ありませんが、新品同様や備品という表記は曖昧な部分が多いです。もしアクティベーションロックが掛かっていれば、出品者に連絡してIDとパスワードを教えてもらいます。

しかし連絡が取れないケースも多いので、購入前に確認するのが大事です。