iPhoneをカーナビとして利用する

###Site Name###

TOP > iPhoneをカーナビとして利用する

iPhoneはGPSとBluetoothなどのハードウエアが搭載されており、車で利用すればカーナビとしての機能も使えるアプリが多数登場しています。

カーナビといえば車のダッシュボードなどに設置するタイプが多いですが、iPhoneの場合もダッシュボードに設置するためのアダプタが用意されており、一般的なカーナビとしての利用もできるようになってきてます。

カーナビ用のアプリは地図メーカーを中心に多数のアプリが販売されていますが、中には無料で利用出来るアプリもあり、利用率が高くなっています。
iPhoneのGPS機能は年々向上しており、カーナビとして十分使える機能があり、通信機能と合わせて利用することで場合によってはカーナビ以上の機能を持っているアプリも登場しています。

アプリとしては歩行者向けも登場しています。

iPhone7の予約に関してわかりやすく説明しております。

歩行者向けではGPSの他に専用の通信機器を利用することで屋内でも方向を表示できる仕組みが開発されてきており、これまでGPSだけではできなかった屋内ナビゲーションの道が開かれてきています。


iPhoneをカーナビとして利用する際に気になるのが渋滞情報です。



専用カーナビの場合はハードウエアでVICSなどの電波を受信できますがiPhoneは受信できません。



そのため、現在地点の情報を通信でサーバに送って渋滞情報を得られる仕組みが用意されてきています。このデータは周辺の渋滞情報をリアルタイムに配信しているのでVICS並の情報が得られ、ナビの制度が上がっているとして好評です。